妊娠中の虫歯治療では麻酔も抜歯もダメ?

妊娠中は虫歯治療を避けた方がいいと思っている人は多くいます。しかし実は、妊娠中でもできる歯科治療はあります。出産後まで放置していると余計に虫歯や歯周病を悪化させてしまうこともあるため、治療はしっかり行った方が良いのです。しかし反面、妊娠中は避けた方がいい治療も存在します。妊娠していることを医師に伝え、相談しながら治療を進めていきましょう。
妊娠中でも、一般的な虫歯の治療は可能です。痛みがあった場合に行う麻酔も問題ありません。実は妊娠していると、つわりや唾液量の減少が起こるため、虫歯になりやすくなります。いつもより気を付けるようにしましょう。また、痛みが強く出た場合の神経の治療もできます。むしろ妊娠を理由に神経治療を中断すると悪化する恐れもあるため、注意が必要です。歯周病治も、虫歯と同じように行うことができます。歯石やプラークを除去する予防処置も大丈夫です。特に歯周病は早産の原因になったり、歯周病菌がお腹の赤ちゃんに感染することもあるので、しっかり治療するようにしましょう。
妊娠中は避けた方がいいのは、親知らずの抜歯や外科的な治療です。これらは場合によっては抗生剤を長期間飲む必要があるため、緊急性がない場合は避けましょう。
治療は安定期に行い、治療中も楽な体勢にしてもらえるようお願いしましょう。痛みがひどい場合など薬を飲む必要が出た場合は、必ず医師や薬剤師に相談し、胎盤を通過する薬は避け、赤ちゃんに影響を与えないように配意する必要があります。

 

妊娠中の虫歯での胎児への影響〜流産の可能性など

虫歯による影響というのは、歯だけでなく全身にも及びます。
場合によっては心臓疾患や肺疾患など命を落とす危険性さえあるのです。
その危険が妊娠中の女性の場合には胎児への影響を考えなければいけません。
どういうことかいうと、妊娠している間には歯磨きをして、歯のケアが出来なかったり、規則正しい食生活を送ることができないために虫歯になりやすくなります。
そのまま放置していると、進行してしまうので、治療をするわけですが、不通の場合ならば、麻酔やレントゲン、炎症を止める抗生物質などを使用する事はよくあることです。
しかし、妊娠中であれば、それらの要素が流産を引き起こす可能性があるのです。
もちろん、麻酔をすればすぐに流産をするというわけではありませんが、特に安定してない妊娠初期であれば、赤ちゃんの安全のためにも歯科医師に妊娠の事実を伝えて、麻酔なしでの治療など、適切な処置をしてもらうようにすることが必要です。
もし、出来るならば、治療を安定期に入ってから行うことが無難です。

妊娠で虫歯になりやすい(増える)のは初期?後期?いつから?

妊娠中の体には様々な変化が起こりますが、その一つとして虫歯が増えることがあります。
妊婦はいくつかの理由から口腔環境が悪くなりやすく、そのため、虫歯になりやすい状態になるのです。
そのような状態になるのが、いつからかと言うとまず挙げられるのが妊娠初期です。
個人差はありますが、妊娠初期はつわりによって歯磨き粉の臭いがダメになったり、歯ブラシを口に入れることで吐き気が強くなるなど、いつものようにきちんと歯磨きをすることが難しくなります。
またつわりは食生活にも変化をもたらし、同じものばかりを食べてしまったり、常に食べ続けてしまう状態に陥ったり、食事の時間が不規則になったりと口腔内によいとはいえない生活になってしまいますので虫歯になりやすいのです。
他にも妊娠中はホルモンバランスの変化によって唾液の量が減ってしまいますので、口内が虫歯になりやすい酸性の状態になってしまいます。これは妊娠初期から後期にかけて起こることです。
また妊娠後期には子宮が大きくなり胃を圧迫することもあるため、食事を少量に分けて食べるようになり口内が常に酸性の状態になりやすいのです。
このようなことから、妊娠中は初期から後期にわたって、常に虫歯になりやすい状態であるといえますので、しっかりと口腔ケアを怠らないようにすることが重要です。

妊娠中の虫歯予防に選ばれるBLISM18とは?

妊娠中は、何かと口のトラブルが起きやすい時期です。
つわりがひどいと歯磨きをするのも辛いですし、過食などで虫歯にもなりやすくなります。

 

そんな妊娠中の人が虫歯予防に選ばれる成分として注目されているのが、BLISM18です。
BLISM18とは、虫歯の原因となる虫歯菌と歯垢を退治してくれる成分です。

 

この成分の研究結果は世界各国の学会でも発表されています。
最初のBLISM18を研究していたのはニュージーランドです。

 

BLISM18とは、虫歯にならない子供たちの唾液から発見された乳酸菌の一種であり、バクテリア抑制プロバイオテックと言われています。
人間の口の中にある乳酸菌で、安全性からも心配がないと言われています。

 

臨床試験では、5歳から10歳の子供100人を対象に、BLISM18とそれを含んでないプラセボというものを定期的に口の中に90日間補うと試験を行い、まだ途中の60日経過でBLISM18を補っていた子供たちと、補っていない子供たちでは虫歯菌と歯垢の差が100倍以上あったという結果が出ています。

 

フィンランド、アメリカ、カナダ、中国、オーストラリアでは既に認知されていて、主に虫歯予防のタブレットとして市販がされています。
BLISM18は、虫歯菌と歯垢を退治するには効果がありますが、熱や薬剤に大変弱いです。

 

しかし、最近日本では歯磨き粉として販売されているものがあります。
歯磨き粉には熱処理や薬剤との配合が必要ですが、メーカーの開発により粉で無添加という歯磨き粉を実現させています。